Kindleのセールや新刊情報などをお届けするブログ

ホンとに。

【Kindleセール】講談社のミステリーが50%ポイント還元になる「エンタメから新本格まで 講談社のミステリーフェア」が開催中 8/24まで

Kindleセール情報

エンタメから新本格まで 講談社のミステリーフェア

 

AmazonはKindleストアにて「エンタメから新本格まで 講談社のミステリーフェア」が開催されており、塩田武士(著)「罪の声」など講談社の書籍198冊が50%ポイント還元で販売されています。

 

セール開始はセールページでは8/11からになっていますが、詳細文の中では8/10となってるし実際にポイント還元が本日から付いているのでセール開始で間違いないでしょう。

 

エンタメから新本格まで 講談社のミステリーフェア

 

セール期間は2017年8月24日(木)までとなっています。期間長めのセールですが、大きなポイント還元ですので、気になる本を見逃さないようチェックしてみて下さい。

 

探偵が早すぎる (下)

井上真偽(著)
価格:778円 ポイント:389pt(50%
(3) 1件のレビュー

「俺はまだ、トリックを仕掛けてすらいないんだぞ!?」完全犯罪を企み、実行する前に、探偵に見抜かれてしまった犯人の悲鳴が響く。父から莫大な遺産を相続した女子高生の一華。四十九日の法要で、彼女を暗殺するチャンスは、寺での読経時、墓での納骨時、ホテルでの会食時の三回! 犯人たちは、今度こそ彼女を亡き者にできるのか!?百花繚乱の完全犯罪トリックvs.事件を…

 

罪の声

塩田武士(著)
価格:1,458円 (18%OFF) ポイント:729pt(50%
(3.9) 107件のレビュー

京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。週刊文春ミステリーベスト10…

 

殺戮にいたる病

我孫子武丸(著)
価格:540円 (15%OFF) ポイント:270pt(50%
(3.8) 248件のレビュー

永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。 (講談社文庫)

 

 

エンタメから新本格まで 講談社のミステリーフェア

 

-Kindleセール情報

Copyright© ホンとに。 , 2019 All Rights Reserved.